TM教師紹介

TM教師 小林 拓プロフィール

代表室 室長、新宿南口センター 所長 

1979年1月5日生まれ。埼玉県新座市出身。
現在、世田谷区祖師谷在住。瞑想歴22年。

高校時代16歳で瞑想を始め、大学休学中にヨガの聖地リシケシに半年間滞在し、本格的にヨガ・瞑想を習い、人生を方向づける体験をする。

大学卒業後、マハリシ総合教育研究所に入社。商社部門にてアーユルヴェーダ商品の開発、輸入販売、通販事業立ち上げを担当する。
世界屈指のアーユルヴェーダ医師マノハ・パラクリティ先生に直接アーユルヴェーダの食事作りを教わり、クッキング・クラスを定期開催する。
その後、インド・ヒマラヤを中心に2年間の聖地巡礼の旅で瞑想を深める。
帰国後に復社し、総理大臣経験者、大臣・官房長官経験者、国会議員、一部上場企業のトップを含むVIPのフォローアップ、京都での企業導入プロジェクトを担当する。
国際瞑想大会(オランダ)に日本代表として参加し、メダルを獲得する。
インド政府公認のヨガ・プロフェッショナル(国内では現在20名ほどのみに与えられている)の認定を受ける。

趣味・好きなことについてはこちら

メッセージ

私の好きな言葉は「生命は躍動であり、幸福の拡大である」というものです。
そして、常々感じていることは「人生は思っているよりも遥かに素晴らしい!」ということです。

自身の枠が広がることで、人生はより大きな可能性に開かれます。

超越瞑想TMは、とてもシンプルな技法で、そのためにダイレクトに心と体に深い休息を与えます。「シンプルなものほど理に適っている」と実感します。
私自身、多くの瞑想法を体験してきましたが、超越瞑想TMは、効果面・安全面・快適性の面で大変優れていると感じます。
ヒマラヤで継承されてきた「最も古い伝統的な瞑想法」としての信頼性だけでなく、多くのセレブリティ・有識者・一流の経営者のような超多忙な方が取り入れていることから「効果面」での信頼性が分かります。

超越瞑想TMは、数多くの科学的研究によって効果が確認されていますが、説明会では、そのような書籍やインターネットで確認できる客観的事実だけでなく、文字やデータでは伝えきれないこと、私たち自身の源とつながることの「価値」と「人生の可能性」についてお伝えできるよう努めています。

TM説明会で、より良い人生についてのインスピレーションを得ていただければ幸甚です。