人生を通して実現したいと思えること、心から望む仕事や生き方がはっきりしていますか?

そのような仕事、生き方がはっきりと分かっていることは最高の人生を歩むために有益ですね。

ヒマラヤの叡智では、それをダルマ(を生きること)といい、人生における最も重要な要素の一つです。
「天職を知ること」と言えます。

私たちにはそれぞれに持つ「生来の役割」があります。
それを果たすことは、魂から求めていることですから、深く大きな喜びをもたらします。

そして、「本当にしたいこと(天職)」を見つけることは実は難しいことではありません
それは自身が本質的に求めていることだからです。

では、なぜ多くの人が「本当にしたいこと(天職)」が分からずに、それを探し続けているのでしょうか。

それは、「考えること」によって、知ろうと試みているからです。
実はそのような方法で分かったり、得られたりすることではないのです。

「思考」は本来、「どうしたらいいか」という答えを見つけるための実務的な機能で、
「何をしたいか」を知るためにあるのではないのです。
そのように「本当にしたいこと(天職)」を知った後で、それを人生で実現するための機能として「思考」はあります。

では、どのようにして「本当にしたいこと(天職)」を知り、それを果たすようになるのでしょうか。感じることによってでしょうか?

答えは、心の表層レベルで本当にしたいことを感じようとすることではなく、
心の最も深いレベルにコンタクトすることです。

心の最も深いレベルに日々繋がることで、「純粋な思い・願望」が内側から分かる、やってくるようになります。
その「純粋な思い・願望」は、損得勘定や可能性の有無やハードルの高低などと関係なく本質的な喜びの要素として在ります。

まずそれを知ることから始まりますが、それを知ればすでにその実現に向けて歩み出したようなものです。
「知行一致」と言いますが、本質のレベルで知るとそれを行うようになるからです。

瞑想にはいろいろな手法がありますが、心の最も深いレベル(純粋意識)を体験する方法が必要です。
ただそのレベルを日々体験することが不可欠です。

そのレベルを体験するためのテクニックとして、ヒマラヤで伝えられてきた方法が超越瞑想TMです。